ゆりの他セラピー体験 4

他セラピー体験の目次に戻る

3へ戻る

「背中が物語る」〜A・T★2004年7/23記

「きらきらしてて…気持ちいぃ」
〜オーラソーマ フットマッサージ★2004年8/31記

5へ続く

 

 

「背中が物語る」〜A・T★2004年7/23記
体験日:2004/7/22
セッション提供者:
宍戸(ししど) いこいさん(新大阪)

今までA・T(アレキサンダーテクニック)の個人レッスンはスタジオK(芳野さん)のところで

受けていたが、ちょっと、他の人で受けてみたくなった。

スリーインワンのセッションでも、そうだ。

基本的なものは同じでも、人によってアプローチの方向がちがって、新鮮な感じがする。

アプローチの違いは、どこかへ行く時の道筋をいつも北から南へという方向をたどってい

るとして、たまには南から北へ、もしくは西から東へと、たどる道を変えてみる、というのに

似てるかもしれない。

宍戸さんからA・Tの基本的な考え方を聞いて、私は大体のところ理解できていたみたい

だ。

私は普段から人を観察している。自分が昔から姿勢にコンプレックスがあったせいで、

余計に自分の姿勢と他人の姿勢を気にして、よく観察している。

ふつうの人がちょっと疲れたり、無意識にしている姿勢で、顎が出てたり背中が丸くなっ

たりしている状態がある。それは少し大げさにすると「ニホンザル」。

いらいらしてたり、偉そうにしているおっさんがしている姿勢・動作(肩をゆすって、手を

ふるようにして、がに股にして歩くなど)を少し大げさにすると「ゴリラ」。

ひとの性格や行動パターンは、姿勢や動作にちゃんとあらわれている。

引っ込み思案や おどおどした性格や ものおじしない性格やら。そういったものをちゃ

んと身体は表している。演技をする気持ちで身体を動かしてみるとよくわかる。スリーイ

ンワンの構造機能も演技をするとよく理解できる。観察と演技は理解への第一歩だ。

横になってみる。背中が左右で違う感じがした。

最近熱帯夜で、仰向けに眠れなくて、横向いたりごろごろしたりしてる。横向きに寝る癖

ついてしまった。

背骨の右の部分は床から浮き上がり、小さくなってる感じ。

左の部分は大きくなってる、ていう感じ。

そうですか、それでは・・・て感じで、

宍戸さんに どこをどうさわってもらったのか、頭や腕やらちょいちょいとふれてもらってる

だけで、みるみるうちに身体じゅうに入っていた余計な力がぬけていった。

その状態で起き上がったら、身体ぜんたいで、何と力が抜けている事だろう〜!

余分な力がぬけている時、せなかが伸びている。

りきみまくっている時、背中がちぢんでいる。

その日、りきみが取れた状態の時、普段のりきみ状態との差がよくわかった。

りきんでる時って、背骨の一個一個がぎゅうっとせばまっていて、緊張しまくっている。

わかりやすい例えとして、イメージしてみよう。

背骨の骨の一個一個を一人の人だとして、横一列に並んでもらう。

そして、

皆がにこやかに手をつないでる状態が、りきみのない状態。

皆が密着してぎゅうぎゅうにおしくらまんじゅうしまくってるのが りきんでいる状態。

たまにおしくらまんじゅうしてもいいが、常が常、常時ずぅっとおしくらまんじゅうしていると

したら、相当のストレスとなりますね。

雑誌とかでモデルさんがとってるポーズは、100%りきみの状態といえる。

「ブリブリ! みてみて! 私はこぉんなに、きれいぃ!」

ていう気持ちで、りきみまくって、無理に身体をねじっている。

そのポーズっていうのは、背中が短くなっていて、背骨やからだぜんたいのりきみと、

凄いいきごみとかで、無理があるポーズなのだ。

背中がのびているストレスのないポーズっていうのは、そのままの自分でOKなのだ。

ストレスがある、ない、は、背中が物語っている。

力んで頑張って生きていかないといけないと思ってきた私には、力まないのって新しい

挑戦だ。

 

 

「きらきらしてて…気持ちいぃ」
〜オーラソーマ フットマッサージ

2004年8/31記

体験日:2004/8/28
セッション提供者
:内藤 惠美子さん(鎌倉在住)

今回東京へ上級クラスを受けに行き、クラスの後友人に会った。

内藤惠美子さんはスリーインワンの仲間で、2年前から親しくして戴いている。

いつお会いしてもにこにこの微笑みの泉って感じ。満面の笑みで私を迎えてくれる。

今回はオーラソーマのフットマッサージというのを受けた。

ハンドマッサージというのもあるらしいが、筋反射で訊ねたら『足』と出た。

マッサージに使うミニボトル(オーラソーマにはポマンダーとかクィントエッセンスとかあるのは知ってるが

今回使用したのは何なのか? 聞かなかった。ごめんなさい。)も数種あるうちのどれを使うか?

というのを筋反射で訊ねた。

それぞれのボトルには色んな意味がありマッサージの効用もそれぞれあるんだろうなぁ〜

頭頂の上30cmのところには 第8チャクラというのがあるらしい。

そこは タイムライン と言って、前世と今世と来世の情報があるらしい。

(へぇえぇえぇぇぇ---と感心した!)

そこをお掃除する、というのかな、そこを扱ってセッションする内容だと聞いた。

(ふぅんふぅん---と感心した!)

前世から今世へと 情報がきちんとつながったら きっと今世に生まれてくる時に

決めてきた、あれやろう、これやろう、というような事や 色々な理解洞察がやりやすく

なり、いろいろな事もやりやすくなるんではないかぃ。と思った。

そして それをちゃんと 来世につなげていくっていうのも 素晴らしいぃなぁ。と思った。

足の正中線側に(小指側ではなく親指側って事です)紫色だったか茶色だったかの液体を

はじめに塗ってもらう。親指のつめのあたりから土踏まずにそって線上に、だったと思う。

私はごろりと横たわり、その日一日の疲れを感じ、もうすぐ寝る時間だなぁ、などと考え

ながら えみちゃん(内藤惠美子さん)に 全てお預けしようという心持になった。

何事かを祈り、えみちゃんは私の右親指先に触れた。そして徐々に土ふまずの方向へ

。。。。。。。。。

どこをどう触っているのか、押しているのかもんでいるのか、何をどうしているのか、

さっぱりわからないのに 気持ちよくって。

ふうぅうぅ あぁあぁぁぁ

もう 行ってしまう… みたいな。

まぶたの裏は きらきらきらきら 光の海。

何が何やら。

誰が何やら。

もうどうでも良くなって。

ただひたすら光の海。。。。。。ぅぅぅうぅぅ ぁぁぁあぁぁ。。。。。

いつのまにか 右足がおわり、マッサージは左へと移り、

それも知らず 私は眠っているような 起きてるような 暗いも明るいもない所で

ひたすら 。。。。。。ぅぅぅうぅぅ ぁぁぁあぁぁ。。。。。 と 身を任せていました。

体感ありまくりの私には 珍しく 全然どこをどうふれられてるのか さっぱりわからない、

どこにどういう感覚があるのやら さっぱりわからないまま 終わってしまいました。

マッサージの後 えみちゃんの話では

オーラソーマをはじめた盲目のベッキーさんはもともと足のマッサージ師だったそうです。

へぇえぇえぇ そうやったんか。。。。。

どこをどう触れてるのか 押してるのか もんでるのか わからない位の微細なマッサージ

でありながら この高次元への飛来!(としかいいようがない)

オーラソーマ = ボトルのリーディング だと思っていたけれど。。。そうかぁそうかぁ

こんなマッサージもあったんだぁ。知らんかったなぁ〜。

ちなみに 手のマッサージもあるそうです。

こんな気持ちいぃもんなら、又 受けたいなぁ。東京方面に出かける時には又受けようっと

…と 決めた 私である。(=~v~=)