*

目次のページ

↓クリックしてください。別プラウザが開きます。

*肩回し うなずき 2*足 3*肩 4*顔  
 

身体というのは本来健康でいるように、
あらゆるバランスをとるようにできています。
特別なことをしなくても、特別なものを食べなくても
自分の体にあったことをし、体質にあったものを食べて
てきとうに動いていれば、健康でいられるように
できているものなんですね。

身体はバランスを崩してきた時に教えてくれます。
無理をしているよ、とか、そんなに考え込まなくてもいいんだよ、
とか、言ってくれてるのです。

しかし、私達の心といいますか頭といいますか、
mindで考えたものは多くの場合 葛藤を生み出してしまい、
身体さんは
そのmindさんやheartさんの苦しみを助けようとします。

その結果、その人が生きるべき道を行きやすくするたどるより
目先のストレスを身体が半分背負ってしまいます。

その人がやろうとすることをさせるのではなく
まるで邪魔するかのように、身体さんが思い通りに動いてくれない

とすれば、そうさせているのは
その人のmindであり、その人のheartの傷やおびえなんですね。

身体さんは
あなたが共にいきていく仲間です。同朋です。

喜びを共にわかちあい、心の悲しみを共に涙流してすごしてきた
人生のつれあい、なんです。

このページでは簡単な運動やマッサージを通して
身体の声を聞き、仲良くやっていくと
運もよくなるし、姿勢もよくなるし、気持ちもいいんだよって事を
書いていきたいと思います。

* * * ** * * ** * * *

ページ上に戻る

*ページ上に戻る

* * * ** * * ** * * *

《《《 このページをつくるきっかけ 》》》

* * *

私は、太極拳を約10年習っていました。

そのクラスで 按摩(あんま)のようなもので
自分で自分の身体をケアする
方法と、、
練功十八法といわれる、軽い全身運動も 学びました。

先生の指導に従って つぼを押したり、もんだり、
身体のすじを伸ばす、ということをしていくと、
凄く気持がよかったり、痛かったり。
その都度体調心調によって、感じ方が違うのですけれど

「からだのこえ」がきこえる・・・からだが望んでいるもの、

うったえているものがわかるようになってきました。

「肩がこってる」とか色んなことは 皆さん おありでしょう。

「肩がこってるから、もんでほしい」とか言うの。よく言われることです。

人にしてもらうのって気持いいもんですね。私も好きです。
でも してもらう一方じゃなく、してもらったら してあげてください。
その方がエネルギーは循環しますから。

* * * *

みなさんは、腰が痛い時、腰に文句を言っていませんか?

疲れて 痛くて重いように感じるところがあるとしたら、
そこの筋肉さん骨さん細胞さんは
大変なご苦労をされておいでです。

そして、できるなら 毎日じゃなくてもいいですから お風呂あがりか寝る前に
ご自分の 足さんに 「ご苦労さん」と一声かけて 下さい。

「今日も一日 たくさん歩いてくれて、ありがとう」

声に出して言ってあげてください。

すると、翌日に疲労があまり残りません。
話しかけながら 軽くマッサージすると
 より いいかもしれません。

* * * *

みなさんは、自転車に乗って、信号待ちをする時

いつも同じ足を地面につけていませんか?

いつも左足の先を地面につけて、信号の変わるのを待っているとします。

試してみて下さい。

左足はつま先をのばして立つ事ができるが、
右足でつま先立ちは出来なくなっている
・・・

信号が変わって 右足からいつもこぎだす 癖がついている、とすると、
いつも 右足で 力のかかる事をしている 癖がついてしまう。
試してみて下さい。
左足からは うまく こぎ出せない・・・

こういう日常的な習慣が 知らず知らず 筋肉のアンバランスから来る、

身体の左右のずれを生み出します。

時々 意識して 足を交代してみましょう。

 * 

そうそう、かばんを持つ肩もそうです。

いつも同じ方の肩で 重いかばんを持っていませんか?

時々 意識して かばんを持つ側を 変えてみましょう。

肩の痛み と 腰の痛みは 連動しています。

全身でバランスをとろうとして、腰・肩・脚 に ゆがみ・ずれが生じるのです。

日常の生活習慣で 生じたアンバランスは

同じように日常の生活習慣で改善していくことが可能です。

そう。

こんな簡単な方法で あなたの腰の 肩の痛みだって

治っていく可能性があるのです。

*ページ上に戻る

*≪2≫足*につづく