『ヒントのページ』 5 *

 *ヒントのページの目次に戻る* ヒントの4ページに戻る

「やってはいけない・・・・・・」て?
夢を実現させたいあなたに

スリーインワンでは「信じ込みの体系」という言葉がよくでてきます。

「信じ込みの体系」〜Belief System

直訳は 信じ込んでしまう 信じ込みの システム・からくり ですね。

子供の頃何かを信じ込んでしまい、いい年をした大人になっても

そこからぬけられない。

「三つ子の魂 百まで」という言葉を思い出します。

(ちょっと意味は違うのかもしれませんが)

小さい時にまわりの大人たちから禁じられた事。

もしくは自分で自分に課してしまった事。

みなさん、色々あると思います。

 

その「タブー」が 馬鹿げていると 頭ではわかっていても

それに縛られるとしたら・・・。

越えたくても越えられない壁になっているとしたら・・・。

 

でも、そのタブーは 本来なら存在しないもの。

自分で作り上げたもの。

目に見えないもの。いわば まぼろし。

 

そしてそれは「あぁこうしよう!」と思い描いた時に 囁く声。

自分のやりたい事をさせないでおく、魔の声。

「やってはいけない・・・」

 

しかしそれは 本当にやってはいけない事なんでしょうか?

 

本当にしたいこと、手に入れたいものがあるなら それに向かって

進んでいき、手を伸ばして、夢に思い描いたことを実現体現して

いいのです!

 

でも今の今まで その夢をかなえることができないでいた。

ずっとそれを手に入れる事を選ばないで生きてきたあなたにはこれは

「今までのあなたの人生における常識」をくつろがえす出来事となる。

「やってはいけない」ことを「やる」。

これほどの危険が、いまだかつてあったでしょうか?

 

幼稚園児がいくら幼稚園が好きでもずっとそこにいていられないように。

小学生もやがて中学校へと進学していくように。

中学 高校 大学 へと進んでいくように。

 

あなたも今のあなたにふさわしい道を選んで 歩いていくのです。

ヒントのページ6に続く